歩留まり

歩留まりとは、製造業などにおいて、投じた原料から期待される生産量に対して実際に得られる生産量の割合、比率のこと。生産されたものから不良品を除いた良品の生産量の割合である。実際の数値では「歩留まり率」とも言う。読みは「ぶどまり」。

製造や生産の生産性や効率性を測るために用いられる。

一般的なビジネス領域においても、予算や投入費用に対して実際に獲得できた成果の割合や効果のことを「歩留まり」と呼ぶことがある。