クリティカルマス

クリティカルマスとは、商品やサービスの普及が爆発的に跳ね上がる分岐点、もしくはその爆発的な普及に必要な市場普及率16%のこと。アメリカの社会学者エベレット・M・ロジャース(Everett M. Rogers)が1962年にイノベーター理論で提唱した。

商品やサービスが市場に登場すると、イノベーターという消費者層に受け入れられ、 次にアーリーアダプターという層を経由して徐々に保守的な消費者層に広がっていく。イノベーターとアーリーアダプターの2者まで普及するかどうかが、次のアーリーマジョリティとレイトマジョリティに広がるかどうかの分岐点になる。

市場全体の2.5%のイノベーターと13.5%のアーリーアダプターを合わせた16%の分岐点が、クリティカルマスである。エベレット・M・ロジャースはこれを「普及率16%の論理」と呼んだ。