パワーワード

パワーワードとは、もともとは相手に強い影響を与え、何かを喚起するようなインパクトのある言葉、フレーズ、文章のこと。

一方で、2012年頃から「意味不明だが、とにかく強烈なインパクトのある言葉、フレーズ、文章」という意味にて、インターネットスラングとして利用されるようになった。Twitterで連載されていた小説「ニンジャスレイヤー」での一幕がきっかけとされる。

この後、この投稿の意味合いから少し異なる意味合いでインターネット界隈に広まる。「意味不明だが、笑えるインパクトのある言葉」「自説を無理矢理に論証しようとする謎の理論」「突拍子もない常軌を逸した文章、説明」というように、使用する本人はいたって真面目だが、インパクトがありネタ的な要素を含むようにしか見えない言葉や文章をパワーワードと呼ぶ。やや嘲笑的な意味合いを持つことがある。