端数価格

端数価格とは、198円や980円のように端数をつけて消費者に安さを印象づける価格のこと。200円や1000円といった切りの良い値段よりも安く感じさせることで、消費者の購買意欲を高めるという心理的価格の一つ。

特に、200円を198円とするように一番大きな位の数字を一つ小さくしたり、1000円を980円とするように桁を一桁小さくすることで、より心理的に価格を安く印象づけられる。

日本では伝統的な商習慣で「8」を端数とすることが多いが、欧米では1.99ドルや199ドルのように「9」を端数とすることが多い。スーパーマーケットなどの小売業で多く見られ、比較的低価格の商品に設定される。