ヴェブレン効果(顕示効果)

ヴェブレン効果(Veblen effect, ベブレン効果)とは、製品の価格が高いほど見せびらかしたい心理が働き、需要が増加する現象のこと。「顕示効果」ともいう。高所得者を中心とした消費者による顕示的消費の一つである。

また、そのように価格が高くなるほど需要が増加する高級品を「ヴェブレン財(Veblen good)」という。

アメリカの経済学者ソースティン・ヴェブレン(Thorstein Bunde Veblen)が、1899年の著書『有閑階級の理論』にて「有閑階級は顕示欲を満たすために高額商品を購入する」ことを衒示的消費(conspicuous consumption)と呼んだことに由来する。アメリカの経済学者ハーヴェイ・ライベンシュタイン(Harvey Leibenstein)が、1950年に発表した論文「消費者需要理論におけるバンドワゴン効果スノッブ効果、及びヴェブレン効果」にて用いた。

製品の価格が上がるほど需要が減少する「需要の価格弾力性」に反する現象であり、高級ブランド品や贅沢品などで起こりやすい。

created by Rinker
¥963 (2024/02/26 00:36:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2024/02/26 00:36:53時点 Amazon調べ-詳細)