バウンス率(メール不達率)

バウンス率(email bounce rate)とは、Eメールマーケティングの領域においては、配信したメールが目的の宛先に正常に配信されず差し戻される割合のこと。メールの「不達率」。

そのように何らかの理由で目的の宛先に配信されなかったメールのことを「バウンスメール」「エラーメール」と呼ぶ。

メール送信リストが古く宛先のメールアドレスが無効であったり、メールアドレスは有効だが一時的な理由で受信できなかったなど、メール不達の理由にはさまざまなものがある。

適切にメンテナンスしている送信リストであれば、0%台~3%台が目安とされる。

ソフトバウンスとハードバウンス

メールアドレスは有効で受信者のサーバーには到達したが、「メールボックスが一杯だった」「サーバーがダウンしていた」「メールのサイズが大きかった」という理由で配信されないケースを「ソフトバウンス」と呼ぶ。

一方で、メールアドレスやドメインが存在せず無効であり、恒久的に配信できないケースを「ハードバウンス」と呼ぶ。ハードバウンスの場合は、該当のメールアドレスを送信リストから削除する対応が必要になる。

バウンス率の計算式

バウンス率は、以下の計算式で算出される。

バウンス率(%) = バウンス数(不達数) ÷ 配信数