ギグエコノミー

ギグエコノミー(Gig Economy)とは、企業に属さずにインターネットを通じて個人で単発の仕事を請け負う働き方、あるいはそのワークスタイルを基盤とした経済のこと。インターネット上のプラットフォームサービスを介して、そのサービス利用者(発注者)と提供者(ギグワーカー)がマッチングされる仕組みで成立する。2010年代半ばに登場した。

配車サービスのUberや料理宅配デリバリーのUber Eats、宿泊施設仲介のAirbnbや家事代行サービスなどが例として挙げられる。データ入力やコンテンツ制作、Webサイト制作やプログラミングといったより専門性の高い業務を依頼できるクラウドソーシングも含む。

ギグワーカーは企業に雇用されることなく、自分のスキルや時間を切り売りして多様な働き方や生活を送れるようになる。専門性の高い人材が特定組織に属さずに仕事を請け負え、発注者も利用コストを下げられるといったメリットがある。一方で、ギグワーカーは仕事の獲得が不安定であったり、単価の下落や競合の増加、トラブル時の責任負担が大きいといった問題を抱える。

音楽領域の英語で、ライブハウスでの短い演奏セッションやクラブでの一度限りの演奏を意味するスラング「ギグ(gig)」に由来する。


ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方
ダイアン・マルケイ (著)
アマゾンで詳しく見る