錯誤相関

錯誤相関とは、もともと相関がないデータに相関があると思い込んでしまうこと。実際には関連しない事象に対して、関連性があるように錯覚すること。

特定の属性の集団が特徴ある行動をとった場合、その事象の起こる頻度を過大評価してしまう、というものなどが挙げられる。こういった錯誤相関は、差別や偏見を生み出す要因の1つになる。

血液型に対するイメージや「晴れ男、晴れ女」といったジンクスも、多くは錯誤相関である。

元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏に関して、滞在先の天候や気温に影響を与えるというジンクスや噂があるが、これも錯誤相関の一つである。