ネガティブチェック

ネガティブチェックとは、ビジネスの領域においては、短所や弱み、欠点や悪い点などの否定的な要素を事前に調査、評価すること。

サービスの導入や人材の採用、海外展開時の製品のネーミングなどにおいて、リスク回避の手段の一つとして行われる。複数候補からの適切な選択の際に役立つ。

ネガティブチェックは主に採用する側が行うが、提案や応募をする側による採用されるための事前チェックもネガティブチェックと呼ぶことがある。おそらく日本のビジネス用語である。

また、文章に間違いがないかを大まかに校正することも「ネガティブチェック」「ネガチェック」と呼ばれる。