初頭効果

初頭効果(Primacy Effect)とは、最初に与えられた情報が印象に残り、後の評価に影響を及ぼす現象のこと。人物や物事の第一印象が長期間に渡って残るのは、初頭効果の影響である。情報を並列に扱った場合に起こりやすいとされる。

1946年にポーランド出身の心理学者ソロモン・アッシュが、印象形成において提示の順序で異なる印象が形成されることを見いだし、提唱した。

初頭効果の対として、最後に与えられた情報や直前に与えられた情報が印象に残り、評価に影響を及ぼす現象を「新近効果(終末効果)」という。