新近効果(終末効果)

新近効果(Recency Effect)とは、最後に与えられた情報や直前に与えられた情報が印象に残り、評価に影響を及ぼす現象のこと。「新近性効果」「終末効果」とも呼ばれる。より直近の新しい記憶の方が再生率が良い状態である。

アメリカの心理学者ノーマン・H・アンダーソンが1976年に提唱した。

新近効果の対として、最初に与えられた情報が印象に残り、後の評価に影響を及ぼす現象のことを「初頭効果」という。