ピーク・エンドの法則

ピーク・エンドの法則とは、ある出来事を経験した際に、人は感情のピーク(最高潮)とその出来事のエンド(終了時)で、経験の全体を判断するという法則のこと。その出来事の印象を決定づけているのは「一番印象的なシーン」と「一番最後のシーン」である、という考え方である。

「ピーク」と「エンド」に記憶に残りやすい体験を提供することで、全体の印象をポジティブにできる。また、一連の体験の中でネガティブな印象を持たれた場面があっても、ピークとエンドが適切であればポジティブな印象を与えやすい。

ノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマンが提唱した。