最右翼

最右翼とは、ビジネス領域など一般的には「集団の中で最も有力と思われるもの、本命のもの」という意味で用いられる。最上位に位置している場合や、集団から1つを選ぶ際に最も有望であると推測、期待される場合に「○○賞受賞の最右翼」「成長著しい○○業界の最右翼」などと用いる。

古くから物事の優劣を順番に並べる際、一番右に位置するものが最も優れたものであったことに由来する。「右に出るものはいない」の表現に類似する。