ウィークタイズ(弱い紐帯)

ウィークタイズ(weak ties)とは、家族や恋人や親友といった社会的つながりが密接な人よりも、適度に顔を合わせる程度の人間関係の方が有益な情報をもたらしてくれる可能性が高いという理論「弱い紐帯の強み」における、弱い社会的つながりのこと。「弱い紐帯」。

密接なつながり「ストロングタイズ (strong ties)」には強い信頼関係があるが、接触や交流は冗長で新規の探索にはあまり適していない。一方、弱いつながり「ウィークタイズ」では交流の冗長性が低く、有益で新規性の高い情報を得やすい。そのため、転職や休職においてはウィークタイズの方が重要となるというものである。

アメリカのスタンフォード大学の社会学者マーク・グラノヴェッター(Mark Granovetter)が、1973年の論文『The strength of weak ties(弱い紐帯の強み)』にて発表した。

created by Rinker
ミネルヴァ書房
¥3,850 (2024/06/24 20:09:27時点 Amazon調べ-詳細)