オルタナファクト

オルタナファクト(alternative facts, オルタナティブ・ファクト)とは、「広く知られた真実に対する別の異なる真実」という意味で用いられる用語。事実ではない嘘の事象を事実のように故意に語り、自説を虚偽ではないと主張する際などに用いられる。「代替的事実」「もう一つの真実」と訳されることもある。

2017年のアメリカのトランプ大統領就任式に集まった群衆が、オバマ大統領就任式の際よりも明らかに少ないにもかかわらず「群衆は過去最大だった」とスパイサー大統領報道官が発言し、それをコンウェイ大統領顧問が擁護した際に用いられた言葉である。客観的には嘘と捉えられる事象を「オルタナファクト(alternative facts)」と呼んだことに対し、メディアやソーシャルメディアが大きく批判し、広まった。