ブランド再生

ブランド再生とは、消費者にその製品カテゴリーへのニーズが発生したときに、消費者が記憶の中から当該ブランドを思い起こすこと。ブランド認知のプロセスの一つ。純粋想起と同義。

「○○といえば」など、ニーズやカテゴリーといった限られた要素が提示された際に特定ブランドを想起するのは、そのブランドをすでに知っているだけでなく特徴や満足感も理解していることになり、ブランド認知が高いことを示す。

ブランド論の第一人者Kevin Lane Keller氏によれば、ブランド認知には「ブランド再認」と「ブランド再生」の2つのプロセスがある。「ブランド再認」は、消費者がブランド名やロゴ、広告や製品といったブランド要素に接した際に当該ブランドを判別できることであり、限られた要素から想起する「ブランド再生」の方が認知のレベルが高い。ブランド再認とブランド再生はともにブランド認知の深さに関わってくる。


戦略的ブランド・マネジメント 第3版
ケビン・レーン・ケラー (著)
アマゾンで詳しく見る