ファビコン (favicon)

ファビコン(favicon)とは、Webサイトのページをブラウザーで開いた際に、タブ部分などに表示される正方形のアイコンのこと。そのWebサイトのブランドを視覚的に表すシンボルマークであることがほとんどである。運営者が設置することで表示される。

ブラウザーのタブ部分の他、ブックマーク(お気に入り)や履歴、ホーム画面などでもアイコンとして表示される。英語の「favorite icon(お気に入りアイコン)」が省略されたものである。

もともとは1999年のマイクロソフト社製ブラウザー「Internet Explorer 5」の独自機能であった。現在は規格として標準化され多くのブラウザーが対応している他、Google検索の結果画面などにも表示される。

サイズや規格、ガイドライン

ブラウザーやOSによって推奨されるサイズが異なり、主なサイズは以下である。ただし仕様は変更になることも多い。最適なサイズのファビコンが用意されていない場合は、ブラウザーやOSが自動で拡大縮小して表示する。

ファイル形式は、当初はICOのフォーマットだったが(拡張子「.ico」)、現在はPNGやGIFも利用可能である。

  • 16px × 16px(主要なブラウザー)
  • 32px × 32px(主要なブラウザー、Retina用など)
  • 180px × 180px(iPhone、iPad)
  • 256px × 256px(Android)

2019年からは、Google検索のスマートフォンでの検索結果(SERP)にもファビコンは表示されるようになった。Googleはガイドラインで、サイズは「48ピクセルの倍数になっていること」と推奨している。

ファビコンのサイズが 48 ピクセルの倍数になっていること(例: 48 x 48 ピクセル、96 x 96 ピクセル、144 x 144 ピクセルなど)。SVG ファイルの場合は、サイズに関して特別な指定はありません。有効なファビコン形式は、すべてサポートされています。Google では画像サイズを 16 x 16 ピクセルに変換するため、その解像度で適切に表示されるか、あらかじめご確認ください。16 × 16 ピクセルのファビコンは指定しないでください。

検索結果に表示されるファビコンを定義する – Search Console ヘルプ