パレイドリア現象

パレイドリア(pareidolia)もしくはパレイドリア現象とは、視覚や聴覚で得た対象を実際とは異なる別の既知のものとして認知、解釈してしまう現象のこと。雲の形が人の顔や動物の姿に見えたり、動物の鳴き声の一部が人間の話す言葉と同じに聞こえたりする現象などが例として挙げられる。「パレイドリア効果」とも呼ばれる。

意識が正常な際でも起こり、多くは「対象が雲である」という認識は維持される。認知機能障害の確認の際に錯視の検査としても使用される。