ユニークブラウザ

ユニークブラウザ、あるいはユニークブラウザー数とは、集計期間中にWebサイトに訪問したユーザー数を表す数値、指標のこと。実態としては「ユニークユーザー(数)」と同義であるが、誤解を防ぐために「ユニークブラウザー(数)」と用いられることがある。略称は「UB」。

多くのアクセス解析ツールでは、一意のユニークユーザーの判別にブラウザーのCookieを利用している。ブラウザーが異なればCookieも異なるため、同一人物による利用であっても異なるユーザーの訪問としてカウントされる。

「ユニークユーザー」という表面的な言葉の意味が「一意の個人」と誤解されるのを防ぐために、インターネット関連企業がプレスリリースやIR資料などで注釈を付けて代替表現として「ユニークブラウザー」を用いるケースがある。

スマートフォン等のアプリでは、アプリ内ブラウザーでの表示の多くやWebViewでの表示は標準ブラウザーのCookieを引き継いでいない。そのため、一つのスマートフォンでも複数のCookieを保持、つまり複数ブラウザーを利用していることになり、同一人物による利用ブラウザー数は非常に多いと考えられる。