バズる

「バズる」とは、主にインターネットやソーシャルメディア(SNS)上の口コミによって一時的に爆発的な話題になり、急速に拡散される様子のこと。

ハチがブンブンと音を立てること、また人が噂で話題にしたりすることを意味する英単語「buzz(バズ)」から派生して日本語化した表現である。もともと口コミマーケティングを表す「バズ・マーケティング」における業界のビジネススラングとして用いられていたものが、広く普及した可能性がある。

Twitterをはじめとしたソーシャルメディア(SNS)が普及し、一個人の写真や投稿がネットニュースを巻き込んで瞬時に爆発的な拡散を生むようになり、広くネット用語として認知されるようになった。

主にポジティブな拡散の場合に「バズる」は用いられ、ネガティブな拡散の場合は「炎上」と呼ばれる。