RPA(ロボットによる業務自動化)

RPAとは、「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略語で、コンピューター上でのオフィス業務プロセスの自動化の取り組み、あるいはその技術のこと。事務系業務の定型作業を、パソコンなどのソフトウェアやアプリケーションが代行、自動化するというもの。「ロボットによる業務自動化」「仮想知的労働者(デジタルレイバー)」とも呼ばれる。

また、RPAの概念を実現するツールをRPAツールと呼ぶ。

人間が繰り返し行うマウスのクリック、ブラウザー上の作業、キーボードによるデータ入力など、定常的な事務系業務をソフトウェアやアプリケーションが自動で処理できる。人間と共存して業務を分担することで、組織の業務オペレーションの効率化やコストの改善などが期待できる。