オペレーショナル・エクセレンス

オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence)とは、現場の業務遂行力(オペレーション遂行力)が競争上の優位性を持つレベルにまでに磨き上げられた状態のこと。略称は「Opex」。

オペレーショナル・エクセレンスを確立した企業では、高い業務品質と効率化を他社が真似できないレベルで維持して優位性を保持するだけでなく、継続的なオペレーション改善の意識が現場の末端にまで浸透していることが多い。オペレーショナル・エクセレンスに到達するには時間がかかるが、競合企業と差を付けられれば容易には追いつかれない。

オペレーショナル・エクセレンスを達成している企業の例として、トヨタやマクドナルド、フェデックスなどが挙げられる。

マイケル・トレーシー(Michael Treacy)とフレッド・ウィアセーマ(Fred Wiersema)が、1995年の著書『ナンバーワン企業の法則 – 勝者が選んだポジショニング』で提唱した概念である。優良企業の価値基準として、以下の3つを挙げている。

  • オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence)
  • プロダクト・イノベーション(Product Innovation)
  • カスタマー・インテマシー(Customer Intimacy)

created by Rinker
¥3,746 (2024/02/29 16:54:10時点 Amazon調べ-詳細)