差別価格

差別価格とは、売り手である企業が同じ商品に対して複数設定した価格のこと。特別な顧客には有利な価格で販売したり、時間や季節で価格を変えて販売したりすることで、市場を細分化したり、変化する環境に適応できる。

差別価格には、以下のような種類がある。

  • 顧客による差別価格(会員価格、お得意様価格、紹介割引、法人価格)
  • 購入数量による差別価格(2個買えば3個目を無料 [Buy 2 Get 1])
  • 地域による差別価格(北海道限定価格、工場直売価格)
  • 時間や季節による差別価格(深夜価格、タイムセール、ハッピーアワー、季節料金)
  • 用途による差別価格(贈答用価格、食事の人のセットドリンク価格)

より需要と供給に合わせて価格を動的に変動させるものを、ダイナミックプライシング(価格変動制)という。