ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則とは、1件の重大な事故や災害の背景には29件の軽微な事故があり、その背景には300件の軽微な危険、いわゆるヒヤリ・ハットがあるという経験則のこと。「1:29:300の法則」とも呼ばれる。

大きな事故の背景には、必ず数多くの前触れや不注意、ニアミスがあるというもの。アメリカの損害保険会社のH. W. Heinrich氏が1929年に発表した論文を由来とする。

この比率については明確な根拠が弱いとされるものの、不注意や不安全状態をなくせば事故や災害は発生しないという教訓に変わりはない。