ICEスコア

ICEスコア(ICE score)とは、改善案や着手すべき施策が多い際に優先すべきものを順序づける手法のこと。「影響力、インパクト(Impact)」、「信頼度(Confidence)」、「容易性(Ease)」の3つの要素を掛け合わせて算出される。

ICEスコア = 影響力(Impact) × 信頼度(Confidence) × 容易性(Ease)

影響力はその案が改善対象の成果やKPIに与える効果の量、信頼度はその案が成功する可能性や確率、容易性はその案の実行しやすさで、これら3つを数値化しスコア付けをする。

3つの値は、それぞれ1から10の相対的な基準で値付けする。明確な基準がない場合が多く、現実的には関与するメンバー間での合意を元に数字を当てはめるのが妥当だろう。

メディア『GrowthHackers』のSean Ellisによって提唱された。特にスタートアップ企業やスモールビジネスにおいて用いられている。


Hacking Growth グロースハック完全読本
ショーン・エリス (著), モーガン・ブラウン (著)
アマゾンで詳しく見る