フードドライブ

フードドライブ(food drive)とは、家庭や施設などに余っている食品を集めて、食品を買えない人たちに配給を行う福祉団体やフードバンクなどに寄付をする一連の活動のこと。

生活困窮者、難民、災害被災者などの支援として食品を配給するフードバンクに対して、まだ安全に食べられる食品を家庭や施設から持ち寄り、寄付をする仕組みである。買いすぎてしまった食品、外包装の破損などで販売できなくなった食品などの「食品ロス削減」も期待できる。未開封で賞味期限までの期間が長いなど、食品に一定の条件が求められる。

集められる食品が偏っているなど、支援を受ける人たちが生活する上で必要な食品を集めるには非効率であるという指摘もある。