ウィンザー効果

ウィンザー効果(Windsor effect)とは、本人や提供者から発信される情報よりも、第三者が発信して間接的に伝わる情報の方が信頼性が高まるという心理的傾向のこと。商品や店舗の口コミやレビュー、友人の感想の方が、メーカーや運営元といった当事者による情報よりも消費者に重視される理由の一つは、この効果によるものである。利害関係がない第三者の意見という前提で評価される。

アーリーン・ロマノネスによる1990年の小説『伯爵夫人はスパイ』の中の登場人物、ウィンザー伯爵夫人の台詞「第三者の誉め言葉がなんといっても一番効果があるのよ」に由来する。

この効果を狙って施策として「口コミ・マーケティング」が行われるが、利害関係が露呈すると逆効果になることがある。