ZMOT

ZMOT(Zero Moment of Truth)とは、2011年にGoogleが提唱した購買行動に関するマーケティングモデル概念のこと。商品やサービスを購入する際に、事前に検索で調べて意志決定をするその瞬間「意思決定のゼロ地点」のことを指す。読みは「ジーモット」。

ZMOTには、買い物前の下調べとして、モバイル端末での検索行動をはじめ多くの情報ソースがあり、それらの最適化が重要であるとする。

ZMOTの前提となるモデル「FMOT(First Moment of Truth)」は、2004年にアメリカP&G社によって提唱された。FMOTとは、消費者が店頭で商品を選択する瞬間のことを指す。当時は、テレビCMなどでの認知獲得は重要であるものの、それよりも店頭で商品を選ぶ消費者の目線の方が重要であり、商品のパッケージデザインや陳列棚でのディスプレイ、POP、店員の接客などの最適化が行われた。

その次のフェーズとして、消費者が実際にその商品を体験する「SMOT(Second Moment of Truth)」があった。商品を利用した体験を通して商品の良さを理解し、継続的な購入の判断をする瞬間のことを指す。

Winning the Zero Moment of Truth eBook (2011) – Think with Google