カリギュラ効果

カリギュラ効果とは、禁止されるとかえって興味関心を強く引き、禁止に背く行動をしてしまう心理効果のこと。例えば「閲覧禁止」と言われるとかえって見たくなるといった心理現象が挙げられる。日本固有の表現である。

行動や選択の自由を制限、侵害された際に、反発した態度をとって自由を回復しようとする「心理的リアクタンス」の一種。類似の英語表現に「Banned in Boston(ボストンでは禁止)」がある。

暴君で有名だった第3代ローマ皇帝カリグラをモデルにした1980年のアメリカ映画『カリギュラ』が、その過激な内容のために一部地域で上映禁止になり、それがかえって話題になってしまったことに由来する。

「心臓の悪い人は見ないでください」「初めての方にはお売りできません」といったコピー、「絶対に箱を開けてはいけません」「絶対に覗かないでください」「絶対押すなよ」といったセリフなど、興味関心を誘発する表現としてマーケティングや広告に応用されている。