ランディングページ

ランディングページとは、複数の意味で用いられることがあり、広義では「ユーザーがWebサイトに訪問した際に一番最初にアクセスした(着地した)ページ」のことを指す。後述する狭義の意味と区別するために「閲覧開始ページ」「入口ページ」と呼ばれることがある。一般的なアクセス解析ツールでは、この閲覧開始ページの意味で用いられている。

狭義では、「広告をはじめとしたキャンペーン向けに準備された集客の受け皿となるページ」のことを指す。多くは明確な行動喚起要素(CTA)が準備され、そのコンバージョン獲得を目的としたり、コンバージョン率最適化(CRO)の対象となったりする。広義の意味と区別するために「LP」「キャンペーンLP」などと略称で呼ばれることがある。キャンペーンの要素が集約されたページになるため、縦に長いページ構成が多い。

また、ハブスポットをはじめとしたマーケティングオートメーションのツールでは、「ページ内に設置した入力フォーム経由でユーザーの情報を取得するページ」のことをランディングページとしている。多くはキャンペーンや特定需要のリード獲得を目的としているため、先述の「キャンペーンLP」と似ているが、必ずしも集客の受け皿ページというわけではなく、サイト内からの誘導の場合もある。また、入力フォームを備えていてコンテンツオファー(ホワイトペーパー、eBook、PDF)のダウンロード等を準備しているという違いがある。

キャンペーン向けランディングページの構成

キャンペーン向けランディングページは、行動喚起を促すために多くの要素が集約しており、一般的には以下のような要素と順番で構成される。

特にファーストビューで「ターゲット層が求めているものとの一致」「商品の特徴、訴求」「ユーザーベネフィット」を、一瞥で伝えなければならない。

  • キャッチコピー、メインビジュアル、行動喚起要素(CTA)
  • 顧客の課題に気付かせる
  • 商品サービスの説明、特長やベネフィットの訴求
  • 利用者の声、体験談、導入事例
  • 利用手順、導入の流れ
  • FAQ(よくある質問)

上記の各要素の間に、コンバージョンを促す行動喚起要素(CTA)が何度が設置される。