マーケティングに関するキーワード

デシル分析

デシル分析とは、全顧客の購入金額の高い順に10等分の顧客グループを作り、各グループ(デシル1~10)の購入金額比率などを算出する顧客分析の手法のこと。購入金額比率によって、どれぐらいの上位グループに対してマーケティング施策を行うべきかを把握できる。 「デシル」はラテン語の「10等 [……]

詳細を見る »

RF表

RF表とは、顧客分析のRFM分析のうち、Recency(最新購入日)とFrequency(購入頻度・購入回数)の2つの指標軸だけを使った分類、分析で用いる表のこと。 ビジネスによっては、RFM分析のMonetary(累計購入金額)はFrequency(購入回数)と相関することがあ [……]

詳細を見る »

RFM分析

RFM分析とは、Recency(最新購入日)、Frequency(購入頻度・購入回数)、Monetary(購入金額)の3つの指標軸を用いて顧客を分類する顧客分析の手法のこと。顧客のLTV向上に必要な要素が網羅された分析手法である。 Recency(最新購入日) いつ買ったのか、最 [……]

詳細を見る »

実売期

実売期とは、安売りやバーゲンではないプロパー価格の商品が最も売れる時期のこと。消費者の購買意欲が最も高く、その商品の需要も高い時期である。 実売期には、商品のサイズや色、種類や型が多く店に揃い、消費者は充実した品揃えの中から選んで購入できる。 実売期とは逆に、気候の影響などで集客 [……]

詳細を見る »

F2転換率(リピート率)

F2転換率とは、初回購入をした顧客のうちどれだけ2回目の購入に至ったのかを表す指標のこと。「F」はRFM分析のFrequency(累計購入回数、購入頻度)のことで、後に続く数字は購入回数を表す。つまり、初回購入の顧客「F1」から2回目購入のリピーター「F2」にどれだけ転換したのか [……]

詳細を見る »

テイクレート(受託販売手数料率)

テイクレートとは、マーケットプレイス型ECモールやフリマアプリビジネスにおける受託販売手数料、取引手数料の割合こと。流通取引総額に対して運営企業が得られる収益の比率のこと。 マーケットプレイス型ECモールなどで消費者が購入した商品の売上金額(流通取引額)のうち、出店店舗からプラッ [……]

詳細を見る »

ARR(年間経常収益)

ARRとは、Annual Recurring Revenueの略で、毎年決まって得られる1年間分の収益、売上のこと。「毎年決まって発生する収益、売上」であり、初期費用や追加購入費用、コンサルティング費用などは含まれない。「年間経常収益」「年間定額収益」。 年間契約のリカーリングや [……]

詳細を見る »

MRR(月間経常収益)

MRRとは、Monthly Recurring Revenueの略で、月ごとに繰り返し得られる収益、売上のこと。「月間経常収益」「月間定期収益」。「毎月決まって発生する収益、売上」のみを対象とし、初期費用や追加購入費用、コンサルティング費用などは含まれない。 Saasなど契約ベー [……]

詳細を見る »